散らからないランドセル収納。コツは時期ごとに場所を変えること

ESSE-online によると。

「重いランドセルを背負って学校から帰って来るのは大変。高すぎない場所にするなど、ランドセルの置き場所を工夫してあげると、部屋も片づきます」
そう語るのは、片づけのプロフェッショナルであるライフオーガナイザーの森麻紀さんです。詳しく教えていただきました。
ランドセル収納のポイントは、成長に合わせて「ランドセルの定位置」をつくること
「子どもがランドセルを置きっぱなしにして、片づかない」という悩みをよく聞きますが、小学校に入学したての子どもが、ランドセルを背負って数分~数十分歩いて学校から帰ってくるというのを想像してみてください。

置き勉(置き勉強道具)OKも多い昨今とはいえ、そうじゃない場合は大変ですよね。その状態で帰宅したら、とりあえず床にランドセルを置きたくなる気持ちもわかるのではないでしょうか?

ランドセル収納のポイントは、成長に合わせて「ランドセルの定位置」をつくることです。現在、小学校4年生の娘を例に、ランドセル置き場の移り変わりについてまとめてみました。

ボックスの中にランドセルをIN。片づけやすく見た目もすっきりしますが…?
入学当時は、幼稚園のカバンを入れていたのと同じボックスに、ランドセルを入れていました。
幼稚園のときと同じ場所なので、とてもスムーズに移行できました。

この状態を2年近く続けていましたが、絵の具セットや習字道具などを使うようになると、それらをこのボックスに入れるように。気づいたら、ランドセルをボックスの中で見ることはなくなっていました。
●ランドセルは床置き→玄関でスタンバイOK! に

そこで、ランドセルは床置きにし、玄関でスタンバイOK! という方法に変更してみました。
ランドセルはどうしているのか? というと…

esse
帰宅後、まずはこの状態です。
その後、遊びや習い事をしたり宿題をしたりしたあと、翌日の準備をしたら、ランドセルは玄関に置きに行きます。

明日の持ち物の準備待ちのとき、たとえば上履きが乾くのを待っているときなどは、ランドセルはリビングでスタンバイ状態ですが、準備が完了すれば、即玄関に移動。
これだと、準備完了したかどうかが親子ともにわかります。

このような行動手順なので、ランドセルを指定の場所に置くタイミングがないわけです。
つまり、置き場所の必要がないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA